宅建は、不動産業に携わる人の運転免許証と呼ばれたりもします

前ページでも触れたとおり、宅建資格は不動産業界を始めとする様々な仕事に活かすことが出来ます。
「就職や転職に役立つ専門的な知識を得たい」「単なる事務ではなく、知識を活かした仕事がしたい」という方を中心に、宅建資格は男女を問わず高い人気を誇ります。

宅建の資格が採用選考時に評価される業種としては、不動産業以外には金融関係や保険関係、もしくは建設関係等を挙げることが出来ます。

建設関係については、不動産の直接業務に関わってくるため、宅建資格が有効であることは容易に推測できるでしょう。しかしながら、金融や保険については少々イメージしづらいかもしれませんね。

こうした業種では、主に相続に付随する業務に知識が活かされることになり、大きな会社となると不動産に関わる部門が設置されているところもあるようです。

幅広い分野で活躍が可能

この他、“不動産=資産”として認識するならば、ファイナンシャルプランナーとのダブルライセンスも理想的です。

このように、「宅建=不動産業」と単純に決めつけるのではなく、比較的幅広い視野で活躍の場を探されると良いと思います。

この他、宅建資格に限らずどんな国家資格にも言えることですが、資格予備校の講師という道も選択のひとつではないでしょうか。
「実務経験はなくとも、知識量には絶対の自信がある」「教えることが得意、好き」という方であれば、まず注目しておきたい仕事です。宅建の知識と共に、ご自身の受験経験や教えるスキルを活かすことが出来ます。

宅建の資格取得を目指す受験生の中には、特に仕事に活かそうというつもりのない方も多いかもしれません。ですが、せっかく様々活かせる道があるのに、仕事につなげていこうとしないのは非常にもったいないことだと思います。

ぜひ前向きに、ご自身の人生において宅建資格を役立てる方法を検討されてみて下さい。

宅建と相性のよい資格

宅建の資格は持っていると有利です。ただ最近の不動産・金融業界、また建築業界などでは、宅建は「持っていて当然の資格」になりつつあるのも現実です。
ですから、宅建を取った次のステップのことを少し考えておくのも有意義でしょう。

宅建の資格単独ですと「持っていて当然」も、ダブル・トリプルで複数の資格をしていると、お勤めの会社で活かすにしても、将来的に独立を考えるにしても、有利な展開が可能になります。

まずは宅建ですが、宅建を取った成功体験を次につなげていくのは、宅建の資格をより活かす将来につながります。

みなさんにとってちょっと先の話になりますが、ここでは宅建と相性のよい資格についてお話ししてみたいと思います。
キャリアアップと宅建の学習体験をムダにしないことにもなります。

ファイナンシャルプランナー(略称 FP)

家族や個人のライフプランを設計するスペシャリストとなるための資格です。

家族の人生設計と、といえば不動産(マンションなど))の取得なども夢・目標のひとつ。またすでに不動産をお持ちの方がお客様なら、税金や相続などの相談も、ファイナンシャルプランナーは受け止めます。

ダブルライセンスの活かし方としては、宅建とFP資格を不動産業界で活かす方向や、宅建の資格を持つFPとして活躍する方向などが考えられますが、いずれにしてもこの2つの資格の相性は抜群です。

不動産も金融資産です。宅建の資格だけですと不動産の知識にとどまるところが、FPを取得することで、宅建が金融の資格に様変わりするのが面白い特長です。

マンション管理士・管理業務主任者

マンション管理士の資格を持っていると、確実に独立できます。また管理業務主任者は、宅建同様に、不動産業界(とくに管理会社系)の就職・転職に有利な資格です。

資格の難易度としては、マンション管理士>宅地建物取引主任者=管理業務主任者という位置づけで考えていただければ結構です。

この2つの資格をお薦めするのは、仕事上での相性のよさもありますが、試験範囲に宅建と共通するところが多いことも理由です。
宅建で勉強した内容のかなりの部分が、マンション管理士の試験準備にも役立ちます。